読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大西ブログ

All your blog are belong to us

僕とはてなと開発合宿

はてなスタッフアドベントカレンダー2015 を始めます!

はてなスタッフアドベントカレンダー2015 - はてなスタッフアドベントカレンダー

というわけで初日は私、 id:onishi がつとめます。今日から25日間、スタッフによりなんからの「はてな」に関するエントリーが続く予定ですのでお楽しみに!

初日ということで何を書こうかなと思いましたが、今日は「僕とはてなと開発合宿」について書いてみます。

はてなの開発合宿の歴史

はてなで初めて開発合宿は2005年の事でした。皆さんご存じ「はてなブックマーク」は合宿で産声を上げました(ここらへんに詳しい)。
その後数年は、「少人数で新サービスを作る合宿」というのを行っていました。当時の新サービスは合宿ドリブンで作られたものが多いです。

最近のはてなは開発者の人数も増えたため、たくさんの人数で出かけるイベント型の合宿を行っています。チームを組んで2泊3日で、各チームの成果を発表するという流れです。
去年行われた合宿をもとに、合宿の企画・運営について記事を書きましたので、そちらに詳しいです。

また、合宿の参加者の記事も書かれたのでぜひご覧ください。

僕と開発合宿

最初の、はてなブックマークの開発合宿にも参加し、その後もほとんどの開発合宿に大なり小なり関わってきました。

最近でこそマネジメントっぽいことをしていますが、僕はもともとは長い間エンジニアをやってきました。長くやっていたため、どちらかというとレガシーなサービスを任されることが多く、開発合宿は普段できないような開発をする絶好の機会となっていました。

そのため開発合宿では異常にテンションが上がり、夜中までコードを書きまくるという体験を心から楽しんできました(夜中まで書かなきゃいけないってことは全然無く、寝る人は寝てます)。

その後、ディレクター、プロデューサー、今の開発本部長、とやれることは増えていったのですが、「合宿好き」の血は体に刻まれてしまい、今はもっぱら合宿を企画する、という形で合宿に参加しています。

今は業務でコードを書く事はほとんど無いのでそういう意味でも合宿は自分にとって貴重な機会になってきました。

今年の合宿も(なんと)明日から始まります。去年は約40人参加でしたが、今年は約50人の参加を予定しています。無事合宿が成功し、来年も実施できるようにがんばります!参加者の人も楽しんで、目的意識をしっかりもって取り組んでください!!

というわけで、なんか真面目な感じになってしまいましたが、次は新入社員の id:stefafafan です!楽しいエントリ期待!