読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大西ブログ

All your blog are belong to us

Panasonic W850M でワイプ撮り試してみた

サブカメラでワイプ撮りできる新ビデオカメラ、4週間お貸しします! パナソニック「W850M」ブロガーイベント開催 - はてなブックマークニュース
こちらのイベント、僕も参加させてもらいました。そして図々しくもビデオカメラもお借りして少し撮影してみました。
お借りしたビデオカメラは Panasonic の W850M。

最大の特徴は、液晶モニタ横にサブカメラがついている点。サブカメラを使ってワイプ(ピクチャーインピクチャー)な動画を撮影できるんですね。
イベントでは、サブカメラを利用したテクニックの他に、子供を動画撮影する際に失敗しないためのポイントとかも教えてくれて勉強になりました。



というわけでお借りしたビデオカメラで撮影してみました。ワイプ撮りならではの動画を撮影しようと意気込んでみたのですがはてさて。

ワイド&ズーム撮影

サブカメラは単焦点なのでワイド固定。メインの方でズームを使って、自転車の練習をする下の子を撮影してみました。ロングとアップを同時に撮影できるので、イベント系の撮影によさそう!
余談ですが、自転車の練習を重ねてきた下の子、この撮影時にようやく乗りこなせるようになって感無量です。

前&となり撮影

ワイプ撮りの中でも一番おすすめと言われた、前&となり撮影。何かを見てる子供の顔と、その対象物を同時に撮影できるので、シチュエーションがつぶさに記録できます。
というわけで、鳩にエサをやる上の子です。エサをやる子どもの表情と、エサをもらう鳩を同時に撮影したのですが、鳩は動き回るのでなかなか難しいですね。

おまけ

YouTubeの動画編集機能で「手ぶれ補正」してみたら、メイン画面のぶれがなくなった代わりにワイプ画面が面白い動きをしてたのでこれも置いときます。
YouTubeの動画編集他にもいろいろできてすごい。これなら古い動画とかもあげたくなりますね。

まとめ

他にも幾つかとったのですが、特に自分のアップは耐えられないので公開できません。マシな奴だけあげときました…
結構使いどころを選ぶなーとは思ったのですが、サブカメラ面白いですね。自転車の動画にあるように、ワイプ画面を途中からインサートしたり逆に途中で消したりもできるので、撮影中に思いついたらワイプを入れるという使い方もできます。
他にも、wifiがあれば単体でUstream配信できるとか、機能盛りだくさんなので、高機能デジタルビデオカメラをお探しの方にはおすすめできそうです。